So-net無料ブログ作成
検索選択

高音上達できるボイストレーニングは続けることが基本で大切 北澤正規のボイストレーニング上達方法 インフォボイス

高音上達できるボイストレーニングは続けることが基本で大切 北澤正規のボイストレーニング上達方法 インフォボイス

現在はプロの歌手や俳優を目指す人だけがボイストレーニングを行うわけではありません。ボイストレーニングを知っているという人も結構多く就職活動などでも気にする等、意外とポピュラーなトレーニング方法です。

たくさんいるプロの歌手たちの中で、何のトレーニング練習もせずにプロになったという人はほとんどいないと思います。

ボイトレは、歌手や俳優を目指している人にとっても、また現在歌手や俳優として活躍している人にとってもなくてはならないトレーニングの評価と言えます。

自宅でボイストレーニングに興味をもっていても難しいのでは?と躊躇している人もいるのではないでしょうか。

しかし、ボイストレーナーからしてみると、ボイストレーニングを難しく考えすぎても逆にトレーニングにならないと言います。

イメージ想像するボイトレというのは音痴を改善して高音を出すことと思っていませんか。ボイストレーニングで大切なのはがんばって声を出す事ではなく、リラックスしてボイトレをする方法ことなのです。
これを心がけるだけでも、十分なボイトレ効果が得られると思います。

高音上達できるボイストレーニングは続けることが基本で大切 北澤正規のボイストレーニング上達方法 インフォボイス

「競艇基礎知識:モーターとプロペラ」

レースの順位を予想するとき、選手の実力以外に考慮するポイントといえばボートのモーターです。



モーターはレースの前日に選手が抽選し、決定したモーターはその節が終わるまで同じ選手が使用します。



モーターの見た目はどれも同じですが、スピードに個体差が生じるため速いモーターを引き当てた選手が有利となります。



競艇場が発行している出走表に、そのモーターの1・2着率が記載されているほど重要な要素なのです。



しかし勝率の悪いモーターになっても、整備の得意な選手はある程度までスピードを上げてくることもあります。整備はそのボートに乗る選手しかできないため、腕の見せどころです。



もうひとつの重要ポイントはプロペラで、プロペラの調節が得意な選手はモーターが悪くても好走することがあります。

競艇基礎知識:SG戦

競艇界の最上位グレードに位置するSGレースは、競艇選手なら誰もが出場を夢見る晴れ舞台です。



SGクラスの競艇レースは、年間8回開催されており、それぞれ独自の正確や出場基準などを持っています。
優勝回数が上位の選手や前年のSG、G1レースを制した競艇選手が出場する総理大臣杯、ファン投票上位選手らによる笹川賞、過去に実績のある競艇選手のほか、その年の総理大臣杯、笹川賞の優勝選手が出場するグランドチャンピオン決定戦は、春先から初夏にかけての競艇界の一大イベントとも言える大レースです。



夏になると、直近のSGレースやG1レースの優勝者たちなどが集うオーシャンカップ、競艇場から推薦された選手や、その年のSGレースの優勝者たちによるモーターボート記念などが行なわれます。



秋から冬にかけて、レースはさらに盛り上がりを見せます。年間勝率上位選手らによる全日本選手権、獲得賞金額上位から選抜された選手らによる競艇王チャレンジカップ、そして、年末にはSGレースの頂点とも言われる賞金王決定戦・賞金王シリーズが開催され、雰囲気を華やかに盛り上げます。



獲得賞金上位12名で行うのが賞金王決定戦、13位から60位までの選手で競うのが賞金王シリーズです。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。