So-net無料ブログ作成
検索選択

「競艇基礎知識:競艇場について」

競艇場は、最北端の群馬県・桐生競艇場から最南端の長崎県・大村競艇場まで、全国各地に24か所あります。



開催スケジュールなどはそれぞれの競艇場によって異なりますが、どの競艇場でも、1か月のほぼ半分くらいは競艇レースのスケジュールが組まれているようです。



1日あたりのレースの開催数は12レースという所がほとんどですが、中には11レース制をとっているところもあります。年間で計算すると、膨大な数の競争が行われていることになります。



初めて競艇場を訪れた人は、その意外な広さに驚かされるのではないでしょうか?競艇レースの開催には、およそ33000平方メートル以上という広大な水面が必要とされます。



いずれの競艇場でもコースの規格というのはほぼ同じですが、自然の湖を利用したものや、海や河川を仕切って造られたコースなど、その性質はさまざまです。



また、レース場の種類も海水レース場と淡水レース場とに分けられ、コースの種類によってレース展開にも変化が出ることがあります。



競艇場の水上コース上にはスタートやゴールの判定を行なうための電子スリットと呼ばれる判定装置が採用されています。着順の判定が微妙な場合は写真判定が行なわれることもあります。

黄金競艇投資ファイル(長期実績有り)3連単1点買い&完全均等買い
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。