So-net無料ブログ作成
検索選択

「競艇基礎知識:競艇の歴史」

競艇は、造船関連などの産業の振興を目指し、1952年(昭和27年)より行なわれているプロ選手によるモーターボート競技です。



日本における現在のような形の競艇というのは、1952年4月6日に長崎県大村市にある大村競艇場で開催されたレースから始まっています。



ただし、この大村競艇場でのレースはテスト的な開催という位置付けにあり、競艇場としての公認第1号となったのは、1952年7月4日よりレースを開催した三重県津市にある津競艇場、続いて、滋賀県にあるびわこ競艇場です。



世界的に見れば、1904年には英国で国際レースが行われており、また翌1905年には米国で世界選手権のような位置付けのレースが行なわれたという記録があります。



モーターボートそのものの歴史は長く、世界初のモーターボートは、ドイツのダイムラー博士が作ったものであると言われています。 日本では、1950年(昭和25年)に江戸川と逗子海岸とでモーターボートの日米対抗レースが行なわれ、現在の競艇の基礎が作られました。



また、アマチュアのレースではありますが、1931年(昭和6年)に隅田川で、第1回の全日本モーターボート選手権大会が開かれたという記録も残っています。


競艇自動投票&自動収益獲得 たったの3クリックで競艇は常勝+投資となる!! 【競艇自動収益貯金箱 ~競艇V】
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。